HOME > NEWS

NEWS

葵の植栽<武田薬品工業株式会社様>

11月9日
武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園へ訪問させていただきました。
https://www.takeda.co.jp/kyoto/

こちらの植物園の歴史は古く1933年より「京都武田薬草園」として創設以来、薬用植物の基礎研究を進めておられます。京都市の推進する絶滅危惧種や希少植物を含む「和の花を育てる」にも取り組んでおられ、この秋からフタバアオイも育てていただけることになりました。

落葉高木樹の朴の木の下に竹で柵を作っていただき(鹿対策もバッチリ)フタバアオイ専用の庭を作っていただきました。写真は植物のスペシャリストの野崎さんと太田さん。来年の春が楽しみです。

ご一緒に案内いただきました西尾所長さま、本日は本当にありがとうございました。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします

(高瀬川理事)

 

教育事業 「あおいの交流学習」-浜松市立県居小学校-

10月21日
秋晴れの昼下がり 葵の育成に長年にわたりご協力いただいている浜松市立県居小学校六年生の皆さんが
修学旅行で上賀茂神社を訪問して下さいました。

葵や徳川家のお話しを宮司さんからいただき、その後葵の畑を囲んで記念撮影をしました。
今年はコロナ渦で残念ながら学校には寄せていただけませんでしたが立派に葵を育ててくださってありがとうございます。

(高瀬川理事)

 

令和二年 フタバアオイ株分け終了のお知らせ

平素より葵プロジェクトの活動に多大なるご協力、ご支援をいただき誠にありがとうございます。

7月31日をもちまして、本年度のフタバアオイ株分けを終了とさせていただきます。

今年も丹精込めて育成いただいた葵の苗が、多くの皆さまのもとへ嫁ぐことができました。
ご協力いただきました皆さまにお礼申し上げます。

来年も葵育成プログラムを推進できますよう、ご協力の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

葵プロジェクト事務局

二葉葵の奉納(日本新薬株式会社様)

7月2日、日本新薬株式会社様がご来社いただき、二葉葵を150ポットご奉納くださいました。

日本新薬様は京都・山科に広大な野草園(ハーブの館)をお持ちで、今回はなんと、タネから3年かけて
育てていただいたものをご持参いただきました。
https://www.nippon-shinyaku.co.jp/herb/

ありがたく頂戴し、来年の葵祭に飾らせていただきます。
御礼申し上げます。

(事務局 高瀬川)

 

賀茂祭(葵祭)社頭の儀

葵かつら奉製②

5月14日、地域の児童・保護者約20名の皆さまのご協力により、葵桂奉製を行いました。

午後1時に上賀茂神社へお集まりいただき、神職さんによる正式参拝、その後に上賀茂神社境内東端の「葵の杜」に於きましてNTT西日本の皆さまに植栽頂いた葵や、「浜松・遠州葵の会」を始め里帰り頂いた葵を摘み取りました。
そして、既にご準備頂いていた桂と合わせ“葵桂”を約250本奉製致しました。

このたび奉製致しました葵は、賀茂祭(葵祭)の本日早朝に神職の方々によって新たに御簾を彩って頂きました。

葵かつら奉製①

5月11日、上賀茂神社に於いて5月10日に福井県鯖江市「吉江あおい会」の皆さまより奉納頂いた葵を用いて、本年の賀茂祭(葵祭)を彩る葵桂の奉製を行いました。

時節柄、木漏れ日に身を寄せ諸社殿の御簾に飾る葵桂を約150体奉製、この葵桂は12日の早朝に神職の方々によって各所に飾られます。

DSC_7065 DSC_7070

二葉葵の奉納(浜松・遠州葵の会)

4月28日、浜松遠州地区の皆様より、丹精込めて育てて頂いた葵のプランターを4鉢ご奉納頂きました。
全国的に自粛制限の中でありますが、公共交通機関ではなく、自家用車を用いて浜松より「葵の会」の坂口世話人がご来社いただきました。

奉納いただいた葵は、直植えせずにプランターより採取させて頂き、本年の賀茂祭(葵祭)に飾らせて頂きます。
報道の通り行列はありませんが、5月15日に宮中より勅使をお迎えし、疫病の収束も含めた国家の安泰、国民の繁栄とともに、世界の安寧が祈られる儀式が、関係者のみにて行われます。

その際は、葵桂の飾りが世界遺産境内一円に飾られる事となり、皆様からのお心のこもった二葉葵を用いさせて頂く事となります。
心より御礼申し上げます。

IMG_5847 IMG_0131

「葵里帰り式」中止のお知らせ

平素より格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。

現在新型コロナウイルスの感染が世界各国で拡大する中、葵祭りの行列中止に伴い、59日に予定しておりました「葵里帰り式」も中止とさせていただきます。

里帰り式を心待ちにしていただいていた関係各社様、個人の皆様には大変残念なご報告となり心よりお詫び申し上げます。

なお、フタバアオイ奉納をご希望される際は、神社にて受付をさせていただきます。
その際は企業・個人名を神職の方に申しつけください。

本年度は中止となりましたが次年度のためにより多くのフタバアオイをこの1年間で育成していただけますようお願いいたします。

この事態の一日も早い終息と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

(事務局一同)

3月28日(土)葵の株分けを開始いたします。

令和2年3月28日(土)より葵の株分けを開始させていただきます。

まだ一斉に葉っぱが二芽展開とまではいきませんが、例年どおり次週には元気なフタバアオイが出てくると思われます。

ご購入方法については「葵育成プログラム」をご確認のうえ、上賀茂神社へご来社、もしくはFAXかメールにてお申込みください。
※電話でのお申し込みは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

 

2020-03-11-二葉葵-3

 

1 / 1512345...10...最後 »