HOME > NEWS > トピックス

NEWS

トピックス

第4回 『葵サミット』 開催のお知らせ

本年も11月5日(土)上賀茂神社・庁屋にて葵サミットを開催いたします。

当プロジェクトは平成18年(2006年)に発足、上賀茂神社境内で減少しているフタバアオイの
育成活動に取り組む一方、次世代を担う子供たちに伝統文化や環境保全について学習するを場を提供して参りました。

4回を迎えます今回の葵サミットでは葵の学習発表の場にとどまらず、子供たちの目線で現代における
文化財保護の意味や、
自然との共生について論議を深め、行政へ提案するかたちで進めていきたいと考えております。

昨年に引き続き、葵育成にご支援を頂いております「NTT西日本グループ様」のご協力にて、上賀茂神社を
キーステーションに、鯖江・浜松・東京の各会場とTV会議にてラインを結びます。

京都会場はどなたでもご見学いただけますので、皆様のご来場をお待ちしております。

●日時
平成28年11月5日(土)10時~11時40分
●会場
上賀茂神社 庁屋
※入場無料

%e7%ac%ac%e5%9b%9b%e5%9b%9e%e8%91%b5%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88

上賀茂神社 式年遷宮一周年記念「提灯行列」

10月15日、上賀茂神社第42回式年遷宮一周年の当日を祝い、神社と当会「葵プロジェクト」にて
提灯行列が開催されました。

21年に一度の式年遷宮という永続文化が、二葉葵とは密接に関わりがあり、国宝・重要文化財の
社殿群にも二葉葵の意匠の飾り付けがあります。
またこの文化の継続性がひいては環境保全にも繋がっており、豊かな水に育まれた境内で
二葉葵の育成環境が守られ続けている事に、思いを馳せるひと時が、秋の夜長深まる時間に持たれました。

二葉葵の意匠の提灯が希望者に貸し出され、それをもって、世界遺産境内を自由に参拝等で回れるというもので、
2時間のみの限定ではありましたが、約300名の方々が参加されました。
また、お帰りの際には当会が協力をしている二葉葵のイメージロゴの記されたAGF(味の素ゼネラルフーヅ)提供の
「神山湧水珈琲ドリップパック」と、二葉葵のプリントされた八つ橋が、ご参加いただいた皆さまに振舞われました。

当日は肌寒い夜の中、地元少年野球チーム「上賀茂ジュニア」の保護者の皆さまにもお手伝いをいただきました。
事務局一同、お礼を申し上げます。

 

img_1536   img_1539

img_1530   img_1537

教育事業 「あおいの交流学習」

10月6日、静岡市葵小学校5年生を対象に「あおいの交流学習」を行いました。
葵使いの吉田さまからは「京都と静岡の関係」のお話を、事務局高瀬川より
「葵は造花で代用できない」理由、の話をさせていただきました。 

その後青空のもと、葵の株分けを約100名の5年生の皆さんと一緒に行い
無事一株が四株へとわけられました。

ご指導やご準備いただいた先生方、ご協力いただきました「静岡葵の会」の
皆さま、お世話になりありがとうございました。

201610061101000

 

二葉葵 株分けのご紹介(愛知県東岡崎市/葵中学校様)

愛知県東岡崎市の葵中学校にお邪魔しました。 
平成23年に全国友好葵ライオンズクラブさまからの御寄付により、葵の苗を送らせていただきました。
その10ポットが岡崎葵ライオンズクラブさまを通じて、葵中学校に育成を依頼されたものです。

今では立派な葵に育ち、校舎の正面玄関で生徒の往来を見守っています。
成長した葉は葵祭の前日にお持ちいただき祭りに使わせていただいております。

 

2016/10/ 6 16:52

翼の王国<10月号> 掲載のお知らせ (ANAグループ様 × 葵プロジェクト)

ANAグループ様は2013年より、UNESCO(ユネスコ:国際連合教育科学文化機関)の
公式サポーターとして、UNESCOが行う「教育・科学・文化」プログラムをサポート
しておられます。

また、環境・社会貢献活動「心の翼プロジェクト」の一環として、昨年に続いて本年7月にも
世界文化遺産である京都・上賀茂神社で公益社団法人日本ユネスコ協会連盟様とともに「葵の森」を
再生する活動に参加いただきました。
その模様をANAグループ様機内誌「翼の王国(10月号)」にて紹介いただいております。

空の旅、機内でのひと時にご一読ください。

 

1281682802_p

二葉葵 株分けのご紹介(長野県諏訪市鎮座/賀茂神社様)

今回は、株分けが大きくなった事例をご紹介します。

上賀茂神社と同じ神を祀る神社を分霊社といいますが、そのご縁により、こちらの
神社では今から10年前に上賀茂神社から分けられた二株の葵ポットが10年かけて
これだけ大きく広がったそうです。

また場所も手狭になったという事で、さらに育成場所を増やされています。
この様に雪深い諏訪市でも育て方さえ合えば、二葉葵が広がっていく事例として
ご紹介させていただきました。

img_3792 img_3788

img_3791 img_3789

ANAホールディングス × 日本ユネスコ協会 葵の森整備事業

7月9日、昨年に引き続き日本ユネスコ協会様ご協力のもと、ANAホールディングスグループ様
の皆さまと、葵の森の整備、ならびに二葉葵の植栽を実施いたしました。

また、世界遺産の保護保存を目的として上賀茂神社国宝本殿・権殿裏の社殿清掃奉仕から
その際に引き抜いた雑草、落ち葉を用いての堆肥肥料作りまでも行いました。

合計34名の参加者の中には遠方よりフライトでお越しになられた方も大勢おり、 
昨年に引き続き参加を希望されたリピーターの方もいらっしゃいました。

昨年植栽いただいた二葉葵がしっかり根付いている事も確認頂いただき、
いよいよ来年には、昨年植えていただいた分の一部が葵祭に使われる事になります。

関係皆さまには御礼申し上げます。

1 3 4

7

2016年 葵株分け終了のお知らせ

平素より葵プロジェクトの活動に多大なるご協力、ご支援をいただき、
誠にありがとうございます。

本格的な夏を迎えるにあたり、二葉葵の植栽シーズンも終わり、
これをもちまして本年度の葵株分けを終了とさせていただきます。

いろいろな方々のご協力により、おかげさまで丹精こめた葵の苗は
里親の皆さまのもとへ嫁ぐことができました。

引き続き葵育成プログラムを推進できますよう、事務局一同努力して参ります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

葵プロジェクト事務局

IMG_0091

KES環境機構「二葉葵」植栽説明会

当会の活動を支援協力いただく企業をご紹介頂いております
KES(京都環境グローバルスタンダード)説明会が、
6月4日、6月17日に開催され、当会より出講いたしました。

初日には、事務局乾・野町両名が、二葉葵を育てる意義についてお話しをさせて
いただき、17日には、実際の植栽の仕方について事務局石田・高瀬川・野町の
3名が実技指導にあたりました。

100社以上の企業の方々に、これから二葉葵育成オーナーとして
お取り組み頂けることになりました。
皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

June 3rd jjj3 jjj4

jjj

教育事業 葵の会浜松 × 葵プロジェクト

6月21日、葵の会浜松の皆さまのご協力により、浜松の小学校へ当会より
事務局高瀬川が講師として訪問させていただきました。

●浜松市立双葉小学校
2年連続での実施となります今年は、五年生24名を対象に総合的な学習時間として
減少している葵についてなど、「フタバアオイ 」 についてお話をさせていただくなど、
苗植えも実施いたしました。

双葉小学校 学校記事はこちら

●浜松市立県居小学校
3年目のお取組みになります今年は、賀茂真淵記念館にて実施させていただき、五年生
30名を対象に、「賀茂真渊とフタバアオイ」をテーマに、 真淵記念館の伊熊先生とともに、
歴史や文化のお話しをさせていただき、最後に生徒のみなさんとともに葵の植栽をいたしました。

県居小学校 学校記事はこちら

お世話になりました学校関係者の皆さま、記念館の皆さま、葵の会浜松の皆さま、
ご協力をいただき、ありがとうございました。

2016/ 6/21 14:17 2016/ 6/21 11:01 1