HOME > NEWS > トピックス

NEWS

トピックス

二葉葵植栽式

5月21日、葵の会浜松の主催による二葉葵植栽式が、浜松城公園で行われました。

浜松は、家康公が29歳から45歳まで過ごされた、三葉葵ゆかりの地である事から、
葵の名を冠した「浜松葵ライオンズクラブ」さまなどが、当会の活動を葵の会浜松を通じて
支援していただいています。

当日は、小学校、中学校、高校などの生徒さんやボーイスカウトも参加し植樹が行われました。
また、昨年の「ゆるキャラグランプリ」で見事優勝した「出世大名家康くん」も特別参加、
和やかな中にも歴史的経緯にも重きを持った植栽になりました。

関係各位に御礼申し上げます

10 9

8 4-1

6 5

 

葵桂(あおいかつら)の飾り作り

葵祭りの前々日5月13日、日頃から葵育成にご協力いただいております
皆さまに葵桂の蔓(かづら)作りを体験していただき、お祭りの
お手伝いをしていただきました。
境内を流れる御手洗川のせせらぎを聞きながら、桂の木を伐り、
桂の小枝に葵を掛け絡ませての作業。
できあがった葵桂は、葵祭当日に上賀茂神社の境内に飾られたり、
参列者も身につけられます。
お手伝いいただきました皆さま、ありがとうございました。

IMG_0610  2016/ 5/14 13:53

京都新聞5月14日朝刊  201605131549000

京都新聞5月14日朝刊

フタバアオイ奉納式 -葵の里帰り-

5月7日、昨年度に続きフタバアオイの奉納式を上賀茂神社、葵の森にて開催いたしました。

この度、京都市の「(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト認定制度」の
認定を受け、葵プロジェクトが提供したフタバアオイを育成していただいてます企業様、
学校・団体様、個人の皆様に、本年の葵祭(5月15日開催)で使用するフタバアオイを
奉納いただく葵の里帰りです。

当プロジェクト発足当時より支援いただいている門川京都市長も来賓としてご出席をいただき、
子どもたちに交じりながら、自ら土を掘り起こされ植樹いただきました。

image001 2016/ 5/ 7 13:00 平成28年5,8新聞朝刊

京都新聞(5月8日朝刊)記事内容はコチラ

今回開催にあたり、ご支援いただきました京都市環境政策局様、緑化協会様、
特定非営利活動法人KES環境機構様、京都水族館様、日新電機株式会社様、
桃山地域女性会様に、改めましてお礼申し上げます。

また当日朝早くから、お手伝いをいただきましたボランティアの皆さま、
ありがとうございました。

 

 

葵の里帰り

4月26日、静岡県浜松市の北星中学3年生のみなさんが修学旅行で
上賀茂神社へおこしになり、育てて下さった葵の里帰りとなりました。
縣居小学校と双葉小学校の葵も同時に里帰りしました。
皆さまありがとうございました。
2016/ 4/26 16:28 2016/ 4/26 16:44 2016/ 4/26 16:59
 

葵の守り人になろう!

4月24日アースデイ(地球環境を考える日)に東京・国立オリンピックセンターにて
「子ども夢基金助成活動」の一環としたイベント「葵の守り人になろう!」が開催されます。

当事務局からも葵の先生として高瀬川が講師にて参加いたします。
ぜひこの機会に、葵をはじめ身近にある自然物の観察をしてみませんか?

ちらし表紙   ちらし裏面

 申込み方法はコチラをご覧ください。

春まつりご来場のお礼

4月2日、3日に六本木ヒルズ空中庭園にて開催いたしました
「葵ちゃんに会いに行こう」イベントでは、多くの方々に
ご参加をいただき、皆さまのおかげをもちまして無事終了いたしました。

花冷えの肌寒い日にもかかわらず、多くの方々にフタバアオイに触れて
いただき、葵の育つ環境や、葵祭りについても、皆さまとご一緒に
お話ができ、株分けもお手伝いをいただきました。

中には、ご参加いただいた方でさっそく葵に興味をもっていただき、わざわざ
京都にお越しいただけるうれしい知らせもいただきました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

またこのような機会をご提供いただきました関係者の皆さまにも
心よりお礼申し上げます。

ポスター      2016/ 4/ 3 15:03

 

 

葵の畑の整地

わかさ生活さま・太陽の家さまより、育成いただいた葵の苗を届けていただき、
ご一緒に葵の畑の草を抜いたり、土を耕したりと、整地にご協力をいただきました。
当日は、緑化協会さまのご指導のもと、境内の落ち葉から堆肥を作るお手伝いも
いただきました。
写真はタヒロン(ブルー容器)に落ち葉を入れておくと、さらさらの腐葉土に
なった様子です。

201604131044000 2016/ 4/13 10:42 IMG_0974

当日ご参加いただきました皆さま、お疲れさまでした。
ご協力にお礼を申し上げます。

 

 

 

文化事業 六本木ヒルズ 「春まつり2016」のご案内

4月1日~3日に東京の六本木ヒルズにて毎年恒例の「春まつり」が開催されます。
イベントのひとつとしまして、通常非公開のけやき坂コンプレックスの屋上庭園にて
事務局高瀬川が「葵のレクチャー&株分け」の講師として参加いたします。

●公開日:4月2日(土)3日(日)
●場 所:けやき坂コンプレックス屋上庭園
●時 間:12:30~、13:30~、14:30~、15:30~
●定 員:50名/回 葵のレクチャーは各回先着15名
    ※ご来場の方々に葵祭のパンフレットを差し上げます。
    春まつり会場内受付にて当日分のみ先着受付(12:00~)
●参加費:無料
    未成年は保護者の同伴が必要です。
    ※荒天時は中止の場合があります。 
●詳 細:葵ちゃんに会いに行こう

イメージ イメージ

東京でははじめての株分け活動になります。
この機会に自然、伝統、文化を都会の真ん中で体感してみませんか?

 

 

教育事業 東邦大学付属東邦高等学校

3月16日、高校野球でも名高い愛知県の東邦高等学校に
上賀茂神社 乾 権禰宜と高瀬川が講師として伺いました。

東邦高校では「世界遺産を通して考える地球の未来」をテーマにユネスコスクールに
加盟されており、主に姉妹校交流を通してESD(持続可能な開発のための教育)を
進めておられます。

今回、葵祭りやフタバアオイを通じて、日本の自然と調和した生き方から生まれた文化や、
伝統を次世代につなぐため、若者世代に何ができるかをテーマに講義させていただきました。

この内容については、中国でも発表されます。
5人の初々しいメンバーに期待しております。

今回受講いただいた東邦高校の生徒、先生の皆さま、ありがとうございました。

IMG_3618  IMG_3621

第6回地域再生大賞(共同通信社主催)

一般社団法人 共同通信社と地方新聞各社が主催します「第6回地域再生大賞」
表彰式が明日2月19日(金)に東京都内にて行われます。
当プロジェクトも京都府代表としてノミネートされました。

「地域再生大賞」とは町おこしなど、地域活性化に挑む団体を地方新聞社45紙と
共同通信社のネットワークで取り上げて支援、表彰するもので、2010年度より
設けられ本年で6回目を迎えます。

残念ながら大賞は逃しましたが、表彰式・シンポジウムの様子は動画配信サービスの
ユーストリームでも配信されます。(19日午後1時~6時頃まで配信)